2012年11月11日

リズムで脳を刺激してテニス上達!(refer to ためしてガッテン「リズムで脳を刺激せよ!」)

 
 

ちょっと前の「ためしてガッテン」でとても興味深いことをやってました。

その内容と言うのが、『スーッガァァァー』と言うだけで、ゴルフの飛距離が上がるというものです。

なんでこんな事が起きるか分かります?

キーワードは『無』です。


身体を動かすとき、大脳が司令塔で、実際に身体を動かすのが小脳です。

実はこの時、大脳が小脳を邪魔して上達にブレーキをかけてしまう場合があります。


例えば、『勝ちたいなぁ』とか。いわゆる邪念ってやつですね。

つまり、この邪念を抑える = 無心になる事が出来れば、上達が加速するというわけです。

その実現手段として、『ためしてガッテン』で紹介されていたのがオノマトペ(擬音語、擬態語)を使うという方法です。


先のゴルフの例で言うと、『スーッガァァァー』です。

この時、大脳の前頭前野という部分の活動量が下がり、小脳をフル活用できるという事でした。

ちなみに、前頭前野とは考え事をする時に活動する部分です。つまり、この場合は邪念の元ですね。この活動を抑制する事で、いわゆる『無』の状態に近くなるんです。


なぜ、オノマトペで前頭前野の活動が低下するんでしょうか?

ためしてガッテンでは、『音は耳から入って、大脳を経由せずに小脳に伝わるルートがある』からと言ってました。

多分、それ以外にも『考えには直結せず、イメージに直結する言葉を発する』というのがいいんだと思います。要は、『考える』と言う大脳の働きを強制的に抑えつつ、身体の動作イメージを小脳にインプットしているんでしょう。


そして、この回の放送では、もう一つ重要な事が紹介されていました。それは、

『上達 = 自動化(無意識化)』

であると言う事。


テニススクールの練習を思い出してください。大体が、フォームの練習だったり、考えて打てと言われたり。

これって、脳の仕組みと真逆で邪念を植え付けてるんですね。。。


まとめると、

  • 上達とは、動作の自動化(無意識化)


  • これを実現する方法の一つが『オノマトペ(擬音語、擬態語)』


という事です。面白いですね^^



これ、テニスにも簡単に応用できますね!

シャラポワとか大きな声出してるのはこういう理由もあるかもしれません。


まぁ、feeling tennis(フィーリングテニス)をご存知の方であれば、この辺りの話は当然知ってる内容ですね。

こういう脳の仕組みをうまく使って上達したい方には、フィーリングテニスおすすめですよ^^








Sponsored Link


1クリックお願いします
   ↓

 

posted by 黒猫アプロ at 00:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | feeling tennis | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | edit