2012年11月11日

リズムで脳を刺激してテニス上達!(refer to ためしてガッテン「リズムで脳を刺激せよ!」)

 
 

ちょっと前の「ためしてガッテン」でとても興味深いことをやってました。

その内容と言うのが、『スーッガァァァー』と言うだけで、ゴルフの飛距離が上がるというものです。

なんでこんな事が起きるか分かります?

キーワードは『無』です。


身体を動かすとき、大脳が司令塔で、実際に身体を動かすのが小脳です。

実はこの時、大脳が小脳を邪魔して上達にブレーキをかけてしまう場合があります。


例えば、『勝ちたいなぁ』とか。いわゆる邪念ってやつですね。

つまり、この邪念を抑える = 無心になる事が出来れば、上達が加速するというわけです。

その実現手段として、『ためしてガッテン』で紹介されていたのがオノマトペ(擬音語、擬態語)を使うという方法です。


先のゴルフの例で言うと、『スーッガァァァー』です。

この時、大脳の前頭前野という部分の活動量が下がり、小脳をフル活用できるという事でした。

ちなみに、前頭前野とは考え事をする時に活動する部分です。つまり、この場合は邪念の元ですね。この活動を抑制する事で、いわゆる『無』の状態に近くなるんです。


なぜ、オノマトペで前頭前野の活動が低下するんでしょうか?

ためしてガッテンでは、『音は耳から入って、大脳を経由せずに小脳に伝わるルートがある』からと言ってました。

多分、それ以外にも『考えには直結せず、イメージに直結する言葉を発する』というのがいいんだと思います。要は、『考える』と言う大脳の働きを強制的に抑えつつ、身体の動作イメージを小脳にインプットしているんでしょう。


そして、この回の放送では、もう一つ重要な事が紹介されていました。それは、

『上達 = 自動化(無意識化)』

であると言う事。


テニススクールの練習を思い出してください。大体が、フォームの練習だったり、考えて打てと言われたり。

これって、脳の仕組みと真逆で邪念を植え付けてるんですね。。。


まとめると、

  • 上達とは、動作の自動化(無意識化)


  • これを実現する方法の一つが『オノマトペ(擬音語、擬態語)』


という事です。面白いですね^^



これ、テニスにも簡単に応用できますね!

シャラポワとか大きな声出してるのはこういう理由もあるかもしれません。


まぁ、feeling tennis(フィーリングテニス)をご存知の方であれば、この辺りの話は当然知ってる内容ですね。

こういう脳の仕組みをうまく使って上達したい方には、フィーリングテニスおすすめですよ^^








スポンサードリンク


1クリックお願いします
   ↓

posted by 黒猫アプロ at 00:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | feeling tennis | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | edit

2012年08月13日

テニスを上達するために「ごめんなさい」やめてみませんか?

 
 

暑い日が続きますね。こんな日はやっぱりインドアテニスです。インドアでも結局暑い上に風が無いので蒸し風呂状態。。。

でも、やっぱり直射日光に当たるのとでは疲労が違いますね。

お日様の下でテニスした後ってすごく眠くなったりしません?あれって、紫外線で破壊された遺伝子を修復してるらしいです。

なるほど!それでインドアとアウトドアでは疲労度が違うんですね。


では本題です^^

先日、テニスしてた時の事、テニス中ずっとある声がしてました。

『ごめんなさい、ごめんなさい』って


ミスした時に『ごめんなさい』って言うの当たり前といえば当たり前ですよね。

でも、それがテニスの上達を阻害してるとしたらどうです?


詳しくはこちらで。

そもそも、『ごめんなさい』って悪い事した時に言う謝罪の言葉ですよね。

例えば、4時間テニスするとして、何回『ごめんなさい』って言ってます?普通の生活でそこまで頻繁に『ごめんなさい』って言う事あります?

そんなにたくさん『ごめんなさい』って言わなきゃいけないシチュエーションって・・・よっぽどの犯罪犯した時くらいじゃないですか?


楽しむためにテニスしてるはずなのに、やってる事は犯罪犯した時と同じ事ってねぇ・・・^^;


テニスを楽しむため、上達するために『ごめんなさい』やめてみませんか?


この脱『ごめんなさい』がすばらしいのは、

上達するのに全くお金かからない

ところです

自分が発する言葉を変えるだけですからね。

タダで上達できるなら、試してみようと思いません?


スポンサードリンク


1クリックお願いします
   ↓

posted by 黒猫アプロ at 11:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | feeling tennis | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | edit

2011年07月19日

feeling tennisの東京合宿に行ってきました

 
 

7/9〜10はFeeling Tennisの東京合宿でした。

この合宿で、すっごく驚いた事がありました。

ある練習をしてからサーブを打ってみると、
『あれ!?なんか、ボール変形してね?いや、そんな事は・・・』

もう一回サーブ打ってみると、、、
『やっぱボール変形してるよ!!ヽ(*゚O゚)ノ スゴッ!! 』

なんか、打ったボールが斜めにひしゃげてました。

これをfeeling tennisの戸村コーチに聞いてみたら、どうやら、インパクトでボールをつぶして打てるようになった事で、ボールが変形してたみたいです。

この『ある練習』ってのをほんの数分やっただけだったんですけど・・・
恐るべし『ある練習』!!!

ただ、その魔法も30分後には解けてました^^;
戸村さん曰く、『この練習を半年も続ければ常につぶして打てるようになるよ』とのこと。

これマスターすれば、すんげーサーブ打てそうな気がします。
半年続けてみよう!

で、『ある練習って何???』という方、feeling tennisでは今後いろいろなところで合宿するみたいですので、ぜひ参加してみてください。

合宿はこのメルマガでアナウンスされますよ^^
Feeling Tennis 無料メールマガジンセミナー


スポンサードリンク


1クリックお願いします
   ↓

posted by 黒猫アプロ at 00:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | feeling tennis | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | edit